愛産大工高校 2018-2020戦績と観戦記

2019年秋
11-3春日井商
〇9-2松蔭
〇10-2鳴海
2次
〇4-3至学館
●3-10星城
県大会
〇1-0誠信
〇9-6名古屋国際
●5-8豊橋中央
1年生大会
8-1岡崎工(7回コールド)
〇4-3中京大中京
●1-9愛工大名電(7回コールド)
●0-12星城(5回コールド)

秋は1次は余裕で全勝。2次で至学館を破り、県大会では私学2校を破って3回戦進出も豊橋中央に敗退。1年生大会は4位という結果に。
試合を見た印象では、投手は特出した存在が無く、打線もすごみはないが、守備は堅実。
スコアを見るとその印象は間違ってなかったかなって。やはり打線が強いチームには失点しているし、接戦には強い。
多くの部員の中から、夏に向けてグッと伸びてくる投手が例年いるのも確かですから、この夏にどういう投手陣で臨んでくるかも注目。
昨年夏は5回戦進出。2010年、2012年、2015年のベスト8が近年夏では最高成績。2012年が最も優勝に近かったですよね。春は東海大会まで進出し、敗れた名電戦は紙一重の名試合。いまだに自分的には夏のベストバウトの一つになっています。
今年はまずは昨年上回るベスト8。それ以上を目指してほしいですね。

(注目選手)
愛産大工 藤岡 永吉 3塁手
愛産大工 桐澤 慶大 外野手(2年)

〈写真〉
愛産大工-春日井商
愛産大工-岡崎工

2019年夏
〇11-1半田農(6回コールド)
〇7-0一宮(7回コールド)
〇8-1時習館
〇14-11名古屋国際
4-9誉

2019年春
〇10-0守山・日進
〇10-0瀬戸窯業
2次
〇7-4千種
●2-12星城
県大会
●4-13東浦(8回コールド)

2018年秋
○11-0南陽
○13-3松蔭
○14-4瀬戸
○10-6明和
2次
○10-3富田
○8-5中部大春日丘
●3-11愛工大名電
●4-6東邦
県大会
○4-0名市工芸
○6-1岡崎城西
○9X-8豊川(延長10回)
●1-5中京大中京
1年生大会
○8-1東浦
●0-7栄徳(8回コールド)

2018年夏
〇8-1小牧(8回コールド)
〇12-1愛知黎明(5回コールド)
〇4-2西春
●3-4中京大中京

過去の観戦記
2017年秋 県大会
●0-7豊川
2016年秋 1次
〇6-1松蔭
2015年秋 工業大会
〇13-7豊川工
2015年春 県大会
〇8-3岡崎城西
2014年夏 4回戦
●3-8桜丘
2014年夏 2回戦
〇6-2昭和
2013年秋 県大会
●3-5中京大中京
2013年夏 1回戦
〇4-1愛知工
2012年夏 準々決勝
●1-2愛工大名電
2012年夏 5回戦
〇3-0国府
2012年春 県大会
〇3-0豊田工
2012年春 県大会
〇9-3中京大中京(延長10回)
2011年秋 県大会
●0-7至学館(7回コールド)

2008年夏 2回戦
●8-9愛知

コメントを残す

関連記事を表示