愛知工業大-中京大 2回戦 観戦記(2019年秋季愛知大学リーグ)

9月29日にパロマ瑞穂球場で行われた第2試合、愛工大-中京大の2回戦の観戦記です。
優勝争いに絡むカード。中京大の先勝での2回戦でした。

愛工大
000000000|0 H8 E1
20000201X|5 H10 E0
中京大

愛工大
室田、新村-尾濱
中京大
香村、伊藤稜-福島

室田投手は左のオーバーハンド。名電出身の1年生。不運な当たりもありましたし、調子が極端に悪いという感じは無かったですが。

新村投手は右のオーバーハンド。桜丘出身の3年生。春の安定感はない感じです。

香村投手は右のオーバーハンド。中京大中京出身の2年生。毎回ランナーを出しながら粘り強く投げていました。

(スタメン)
愛工大
7後藤 8市川 4岡田 3中井 D渡辺 5山本 2尾濱 9近澤 6平本
中京大
6和田 9河田 8西村 3松井 D澤井 4井戸田 7鈴木 2福島 5小河内

(試合経過)
1回裏、2死1塁から4番松井のタイムリー2ベース。更に2死1,3塁から6番井戸田のサードフライを目測誤り取れず記録タイムリー2ベースに。中京大が2点先制。
3回裏、1死無走者でピッチャー交代、新村。
5回表終了時に球場を後にしました。
試合は中京大がその後加点し勝利。勝ち点を獲得しました。

愛工大は見ていた5回までで毎回ランナーを出しながら得点ならず。優勝に一番近いところにいたのですが、外野フライで飛び出しなど、らしくないプレーが出ていたのが気になります。

新村投手がリリーフに回っていますが、やはり先発でエースとしてのピッチングを最終節では期待したいですね。自力優勝がまだある状況ですから、もう一度集中力を高めて臨んでほしいです。

中京大は優勝を目指すには崖っぷちでしたが、この連勝で自力優勝の可能性が復活。大きな勝利となりました。

最多安打(125安打)まで、残り6本まで来ていた和田選手は、1本放って120安打に。ただ残り2or3で5本なので厳しいですね。優勝の可能性も残っていますし、勝つことに集中する形でしょう。

香村投手が先発で結果を出したことは大きいですね。抑えは伊藤稜投手という形が出来てきましたし、ここに来ていい形になってきました。
次週の中部大戦はどちらも優勝の可能性がある同士なので、好ゲームになりそうですね。楽しみです。

コメントを残す