西名古屋ベースボールクラブ-犬山中 観戦記(2022年ポッカサッポロ杯)

8月4日にパロマ瑞穂球場で行われたポッカサッポロ杯の準決勝第2試合、西名古屋BC-犬山中の観戦記です。
唯一学校チームで残った犬山中がどう戦うか注目して観戦しました。

西名古屋BC
20052|9 H8 E4
00033|6 H5 E1
犬山中
(5回時間切れコールド)

西名古屋BC
仲(6)、樋口(1)-伊藤幹
犬山中
大久保(1)、岡田(10)-岡田、大久保

投手成績
西名古屋BC
仲龍之介 4回0/3 76球 被安打3 四球4 三振4 失点5(自責点3)
樋口澄子明(3年) 1回 17球 被安打2 四球0 三振1 失点1

犬山中
大久保 4回 80球 被安打7 四球5 三振1 失点7
岡田 1回 21球 被安打1 四球2 三振0 失点2

(出場選手)
西名古屋BC
1仲(6)→6 7奥村(7) 3伊藤智(3) 2伊藤幹(2) 9浅井(9) 6樋口(1)→1 5加納(10)→4(17) 4大西(4)→R(5)→4→5 8鬼頭(8)
犬山中
6三沢(6) 5高野(5) 2岡田(10)→1 1大久保(1)→2 3加藤(3) 4土屋(4) 9奥田(9) 7宮田(7) 8八神(12)

(試合経過)
1回表、2死満塁から6番樋口が2点タイムリー。西名古屋BCが2点を先制。
4回表、1死1,3塁から1番仲の2点タイムリー3ベース。2番奥村のタイムリー。3番伊藤智のタイムリー2ベース。2死2,3塁からワイルドピッチで1点。この回5点。7-0
4回裏、1死2,3塁から5番加藤のタイムリー。1死1,3塁から6番土屋の3ゴロエラーの間に1点。7番奥田のタイムリー。7-3
5回表、1死1塁から9番鬼頭のランニング2ランホームラン。9-3
5回裏、無死2,3塁でピッチャー交代、(1)。3番岡田の2点タイムリー3ベース。2死3塁から6番土屋のタイムリー。9-6
5回終了時に時間切れで試合終了に。西名古屋BCが決勝戦進出。

短評

西名古屋BCが初回に2点を取って優位に立ち、4回に5点取ってコールド圏内になって楽勝かと思いましたが・・・。
4回裏に急にバタバタとしだして、四球、エラーのランナーを返されて、失点。ここで雷で中断になりましたが、再開後も犬山中が押し気味に試合を進めました。
5回で試合が成立して、そこで雷も近づいてきたのもあって終了となりましたが、流れ的には犬山中に傾いていましたので、西名古屋BCにとってはラッキーだったかも。
それでも4回、5回と長打を打って突き放していましたし、雷等の影響もあったかもですね。
大きい選手もいて、力がありそうなチームでした。
犬山中もショート、バッテリ-等、軟式の学校チームとは思えない体格の選手もいて、ここまで残ったのも納得のチームでしたね。

ピックアップ選手

西名古屋BC 仲 龍之介 投手・内野手(3年)

上背もあって勢いのあるボールを投げていました。打っても1番で2安打のマルチ。センターオーバーの見事な3ベースもありました。

西名古屋BC 鬼頭 子龍 外野手(3年)

9番センターで出場。2安打とマルチでランニングホームランはライトオーバーの見事な打球でした。

西名古屋BC 奥村 勇瑞 希外野手(3年)

2番レフトで出場。1安打1四球と活躍。5回もいい当たりのライナーでした。

犬山中 岡田 捕手・投手(3年)

3番捕手で出場。途中からマウンドへ。5回にはタイムリー3ベースを放ちました。主将としてチームを引っ張ります。

犬山中 土屋 内野手(3年)

6番セカンドで出場。タイムリーもあり、エラーで2度出塁。ラッキーボーイになっていました。

犬山中 大久保 投手・捕手(3年)

先発でマウンドへ。ボールはまずまずでしたが四球でやや苦しみました。4番としては1四球のみ。バッテリー交代して捕手もこなしていました。

この試合の写真アルバムはこちら

コメントを残す

関連記事を表示