安城南-豊川 観戦記(2019年秋季愛知県大会)

9月15日に豊橋球場で行われた3回戦、安城南-豊川の観戦記です。
どちらも新チームは見たことが無く、快進撃を続ける安城南が見てみたくて足を運びました。

安城南
000021000|3 H7 E3
01000500X|6 H9 E1
豊川

安城南
安藤、石川-村澤
豊川
米庄、白井-杉浦

投手成績
安城南
安藤(1) 6回0/3 79球 被安打8 四球2 三振1 失点6(自責点5)
石川(10) 2回 24球 被安打1 四球0 三振1 失点0

豊川
米庄(1) 7回 127球 被安打7 四死球4 三振9 失点3(自責点2)
白井(3) 2回 36球 被安打0 四球1 三振2 失点0

安藤投手は右のオーバーハンド。がっしりした体格で上背もあります。まっすぐは120km中盤~後半。コントロール良く安定感ある。

石川投手は左のオーバーハンド。細身ですが、まっすぐは120km前後。

米庄投手は左のオーバーハンド。テイクバック畳んで投げるフォーム。MAX133km。まっすぐ系のボールが多いタイプ。

白井投手は右のオーバーハンド。上背あり投げっぷりのいいタイプ。まっすぐは130km前半くらい。

(出場選手)
安城南
6長藤 9前田 8野島 2村澤 1安藤 7細川 5中山 3竹内→H諸橋(13)→3 4日柴喜→H野村(14)
豊川
8漆原 4岩屋 5梶野 1米庄→3 3尾崎(13)→1白井(3) 7小林 9水野 2杉浦 6下田

(試合経過)
2回裏、先頭の尾崎が3ベース。6番小林のショートゴロエラーの間に1点。豊川が先制。
5回表、2死1塁から3番野島のライト横の当たりを取れず後方に逸らし、記録タイムリー3ベース。更に2死1、3塁から5番安藤がタイムリー。安城南が逆転。2-1
6回表、2死1、3塁からワイルドピッチで1点。3-1
6回裏、1死満塁から7番水野、8番杉浦の連続2点タイムリー2ベースで逆転。2死3塁から1番漆原がタイムリー3ベース。6-3
7回裏、無死1塁でピッチャー交代、石川。
豊川が逃げ切りました。

安城南がどんなチームかすごく興味があったのですが、一言でいうとすごく落ち着いたチーム。守備にしても攻撃にしてもバタバタしたところが無く、私学を相手に自滅をするパターンが公立には多い中、豊川相手にもがっぷり四つに組む力がありました。

この日はノーヒットでしたが、バッテリーの村澤選手、安藤投手は打線でも中軸を担い、楽しみな選手ですね。リリーフで出てきた石川投手も左腕で切れがあり、十分投げられるところを見せてくれました。

外野守備も良かったですし、ここまで勝ち進んだ一端はしっかりと見せてくれました。
6回、きっかけはエラーから。そこがもったいないと言えばもったいなかった。
全三河大会の出場は決まっているので、そこでの快進撃も期待したいですね。

豊川は米庄投手が4番ピッチャーでチームを引っ張る形。夏までのチームで唯一レギュラーだった漆原選手と2人が中心ですよね。

打線もなかなかとらえきれず、6回にようやく、という感じでした。新チームの秋なので、そう高望みをするべきではないのでしょうが・・・。
1試合ごとに成長していくと思うので、苦しんで中盤逆転した経験を次に活かしたいですよね。

米庄投手はこの日変化球が制御出来ずに苦しみました。守備も若干バタバタ。次の試合で修正したいですね。

コメントを残す