永和商事ウイング-ホンダ鈴鹿 OP戦 感想(観戦記)

9月2日にホンダアクティブランドで行われた永和商事ウイング-ホンダ鈴鹿のOP戦の観戦記です。OP戦ですので感想のみ。

永和商事ウイング
000000000|0 H3 E1
00010100X|2 H6 E0
ホンダ鈴鹿

永和商事
高橋(3)、小川(4)、北野(1/3)、木山(2/3)-大川
ホンダ鈴鹿
松本竜(5)、福島(1)、柳澤(1)、主島(1)、花城(1)-柘植、長
※()はイニング数

高橋投手

小川投手

北野投手

木山投手

松本竜投手

福島投手

柳澤投手

主島投手

花城投手

永和商事は高橋投手がさすがの安定感。選手権予選はやっぱり彼に頼ることになりそう。

打つ方はヒット3本はちょっと寂しい。3番松本選手は感じが良さそうでしたので、なんとかチャンスを活かして接戦を取りたいですね。

ホンダ鈴鹿は智弁学園出身の松本投手が先発。2回まではやや不安定な投球でしたが、3回以降は立ち直り、球威も出ていました。予選でも長いイニングを任される可能性がありそうですし、そろそろ出てきてほしい戦力ですね。

打つ方は長野選手(三重-青山学院大)が3安打の固め打ち。3番に入っていましたし、期待されていますね。予選での活躍が楽しみ。

7日から選手権予選が始まります。

コメントを残す