岡崎東-岡崎商 観戦記(2019年岡崎市大会)

8月6日に岡崎球場で行われた岡崎市大会の第3試合、岡崎東-岡崎商の観戦記です。
岡崎商は11人の新チーム。このカードは秋大でも同じブロックということで、岡崎東はメンバーを入れ替えて臨みました。

岡崎東
0000000|0 H2 E1
102104X|8 H9 E0
岡崎商
(7回コールド)

岡崎東
森下、北川、中嶋-本田、森下
岡崎商
中川、大山-下村

投手成績
岡崎東
森下 4回 74球 被安打6 四死球4 三振0 失点4
北川 1回0/3 27球 被安打1 四球3 三振0 失点3
中嶋 1回 15球 被安打2 四球0 三振1 失点1
岡崎商
中川 6回 81球 被安打1 死球1 三振5 失点0
大山 1回 15球 被安打1 死球0 三振1 失点0

森下投手は右のオーバーハンド。まっすぐは120km中盤。やや上体に頼ったフォーム。コントロールがばらつきやすい。

北川投手は右のオーバーハンド。フォロースルー大きいフォーム。120km弱。

中嶋投手も右のオーバーハンド。120km弱。

中川投手は右のオーバーハンド。1年生。120km前半。バランス良くきれもある球を投げます。

大山投手は右のオーバーハンド。120km前後。

(出場選手)
岡崎東
8橋本 6中嶋→1 4江原 5小野 7三原 3渡邊 9小栗 2本田→H新開→1北川→6大津 1森下→2
岡崎商
6浦山→5 9前田 4加藤→6 8辻→7 2下村 5大山→1 1中川→8 7朝岡→H長崎→4太田 3蓑原

(試合経過)
1回裏、2死3塁から4番辻がタイムリー。岡崎商が先制。
3回表、先頭の小栗がチーム初ヒットを放ち、送って1死2塁とするも後続が倒れ0点。
3回裏、2死から4番辻、5番下村の連打でチャンスを作り、6番大山の2点タイムリー3ベース。3-0
4回裏、2死1,2塁から3番加藤がタイムリー。4-0
6回裏、連続四球とエラーで無死満塁から2番前田に押し出し四球。ここでピッチャー交代、中嶋。3番加藤が2点タイムリー。更に2死3塁から5番下村のタイムリー内野安打。8-0
7回表、1死から4番小野がヒットを放つも後続倒れコールド成立。
岡崎商が勝ちました。

岡崎東は中川投手を捉えられず。先頭バッターは3度出塁したのですが・・・。
どうやら控え中心のメンバーだったようですが、地区予選で当たることを考えるともう少しなんとかしたかったのが本音ですよね。球筋を見たことを活かせるか。

エース格の橋本投手は野手としてこの試合に出場。投げさせなかったのは英断でしょうね。

岡崎商は3番加藤選手、4番辻選手の1年生が活躍。加藤選手は守備でも上手いプレーがありました。

中川投手もなかなかのボールを投げていましたし、11人を感じさせない戦いで2試合をコールド勝ち。これ以上ない形で1次予選に臨めそうですね。

この両校以外のチームが杜若、科技高豊田、高浜、豊田北と夏までのチームは強かったところが並びます。両校の健闘に期待したいですね。

コメントを残す