名古屋大-名古屋経済大 3回戦 観戦記(2019年秋季2部3部入替戦)

11月4日にパロマ瑞穂球場で行われた2部3部入替戦の3回戦、名古屋大-名古屋経済大の観戦記です。
中日から育成指名を受けた松田投手が登板するということで、どういうピッチングを見せてくれるかに注目して観戦しました。

名大
300140000|8 H11 E3
005000001|6 H12 E4
名経大

名大
松田-井上
名経大
清家、富永、若山竜馬、益留-安井

投手成績
名大
松田 9回 163球 被安打12 四球4 三振13(毎回) 失点6(自責点5)

名経大
清家 2/3 23球 被安打3 四死球2 三振1 失点3
富永 3回1/3 54球 被安打3 四球1 三振2 失点3(自責点2)
若山竜馬 1回 17球 被安打1 四球0 三振1 失点2(自責点0)
益留 4回 51球 被安打4 四死球2 三振2 失点0

松田投手は左のオーバーハンド。春の入替戦に見て以来でしたが、以前よりもステップ幅が小さくなり、縦の振りが強くなった印象。中1日でも序盤はいいボールが来ていましたが、3回は決めにいった変化球が打たれた感じ。それでも毎回三振を奪い、プロへ行く力を見せてくれました。

清家投手は右のオーバーハンド。豊川出身の2年生。まっすぐは目測で130km中盤くらい。抜け球が多く、苦しいピッチングに。

富永投手は東農実出身の3年生。右のオーバーハンド。まっすぐの球威があり、目測で130km中盤~後半くらい出ていました。

若山竜馬投手は誉出身の2年生。左のオーバーハンド。まっすぐは目測で130kmくらい。

益留投手は宮崎日大出身の1年生。前日からの連投。変化球を混ぜて上手く打たせて取っていました。

(出場選手)
名大
4大沼 5竹田 9岩崎→8 7森 2井上 3清水→R本山→3遠山 D小林 8鈴木→H富田→9 6渋谷

名経大
6田中 5北尾→4竹内→H今村→4三栖→H関→4 7蛯原 3木原 8大木場 2安井 9平湯 D若山竜誠→H後 4仲村→5

(試合経過)
1回表、2死1、3塁から5番井上が2点タイムリー2ベース。センター飛び付いてグラブに入れるも取りきれず。6番清水もタイムリー3ベース。2死1、3塁でピッチャー交代、富永。名大が3点先制。
3回裏、1死2、3塁から3番蛯原のレフト前に落ちるタイムリー。2死満塁から6番安井の2点タイムリー。同点。更に2死満塁から8番若山竜誠が2点タイムリー。名経大が逆転。5-3
4回表、2死1、2塁から1番大沼のタイムリー。5-4
5回表、無死2塁から3番岩崎がタイムリー。ここでピッチャー交代、若山竜馬。無死1、2塁から送りバントが1塁手の正面に行くも3塁への送球が逸れてタイムリーエラー。更に無死2、3塁から6番清水の2点タイムリー。8-5
9回裏、無死1、3塁から5番大木場のゲッツー崩れで1点。8-6。尚も2死1塁から7番平湯がヒット。盗塁もあって2死2,3塁までいくも、8番後がショートゴロに倒れ試合終了。
名大が勝って2部昇格を決めました。

名大の初回の3点は、5番井上選手の2点タイムリー2ベースからでした。ただ、この当たりは左中間の当たりでセンターが飛びついてグラブにボールを入れるも取り切れず、というプレーでしたので、ここで取れていれば試合がどうなっていたか・・・。

ただ、1回、2回と良さそうな立ち上がりだった松田投手から、名経大がエラーも絡んだとはいえ、粘ってつないでの逆転。2部にいるチームとして、私学として負けられない意地を見せました。

ただ、4回表、5回表と失点して、どちらもエラー絡み。2部で最下位に沈んだチーム状態というのが、こういうところなのかな、と感じる展開に。

それでも9回裏に1点返して尚も2死2,3塁まで粘ったのは、名経大の意地を感じました。キャプテンの仲村選手は試合後泣き崩れて、支えてもらいながらの整列・・・。
3部からの出直しですが、春はほぼ主軸が残るはずですし、3部で勝つことはもちろん、入替戦まで見据えて戦ってほしいですね。

3回の逆転劇は1年生の安井選手、若山竜誠選手のタイムリーでした。来年以降にも期待です。

名大は松田投手が素晴らしかったのは事実ですけど、チームとしてしっかりと点を取りましたし、守備のミスは出たものの、それを取り返す清水選手の逆転タイムリー。勝つときはこういう流れですよね。

松田投手に触発されて、だと思いますが、4年生が7人出場。2部昇格を勝ち取ったのは素晴らしいですよね。相手はある程度選手を集めているチームですし。

新チームは主力が抜けるので大変だと思いますが、2部で戦えるように一丸となってほしいですね。4番の森選手、前日投げた1年生の本田投手らに期待したいです。

キャッチャーの井上選手は改めて素晴らしい選手だと感じました。彼がいてこそ松田投手は伸びたんだろうな、と感じます。お疲れ様でした。

コメントを残す