岐阜大-朝日大 1回戦 観戦記(2019年秋季岐阜大学リーグ)

9月6日に長良川球場で行われた第3試合、岐阜大-朝日大の観戦記です。
善戦も目立つ岐阜大が朝日大にどこまで迫るかに注目して観戦しました。

岐阜大 
010000000|1 H3 E3
00000112X|4 H7 E0
朝日大

岐阜大
古山、澤田、犬飼、松久保-磯田
朝日大
坂本、宇留野-本村、西村

投手成績
岐阜大
古山 4回 63球 被安打1 四球5 三振0 失点0
澤田 2回 26球 被安打3 四球1 三振0 失点1
犬飼 0/3 7球 被安打1 四球0 三振0 失点1(自責点0)
松久保 2回 34球 被安打2 四球2 三振1 失点2

朝日大
坂本 8回1/3 93球 被安打3 四球2 三振11 失点1
宇留野 2/3 8球 被安打0 四球0 三振1 失点0

古山投手は可児出身の2年生。右のオーバーハンド。

澤田投手は春日井出身の2年生。右のスリークォーター。

犬飼投手は南山出身の1年生。上背があります。右のオーバーハンド。

松久保投手は岡崎高校出身の4年生。右のオーバーハンド。

坂本投手は星稜出身の2年生。右のオーバーハンド。140km近くのまっすぐで3回くらいからは安定したピッチングに。

宇留野投手は右のオーバーハンド。岐阜城北出身の2年生。MAX147kmとこの日の投げた投手で最速をマーク。小柄ですが楽しみですね。

(出場選手)
岐阜大
3泉 6國島 8三島 9日比野颯 D伊藤哉 7太田 2磯田 4魚住 5伊藤誠→H篠田
朝日大
4小林→5金城 D森→R時田 5小松→4小川 3武隈→3和田 7小山→R前野→7 8二村→8市川 2本村→H徳光→2西村 9立下 6坂元

(試合経過)
2回表、2死2塁から7番磯田がタイムリー。岐阜大が先制。
3回裏、2死2,3塁から5番小山のセンターオーバーの当たりをセンター三島が好捕。ピンチを脱します。
5回裏、2死2塁から4番武隈のヒットで2塁ランナーがホーム狙うもタッチアウトに。好返球でした。
6回裏、1死2、3塁からワイルドピッチで1点。1-1。尚も1死3塁でしたが、8番9番が倒れ同点止まり。
7回裏、無死1、3塁から1塁のタイムリーエラー。ここでピッチャー交代、松久保。尚も2死2,3塁まで行きましたが追加点ならず。2-1
8回裏、1死1,3塁から1番小林がタイムリー。更に2死満塁からワイルドピッチで1点。4-1。
朝日大が勝ちました。

岐阜大は2回に先手を奪って、5回までは好守を見せてリード。好ゲームを見せました。ただ、打線が3回以降は沈黙して、6回、7回はタイムリー無しで失点。なかなか0で抑えきるのは難しいですが、せめて自分たちで失点してしまうのは防ぎたいですね。

三島選手、太田選手のファインプレーは本当に見事でした。勝率制ですので、上位を苦しめる戦いを見せて存在感を示してほしい。

朝日大はこの試合まで2戦2勝。この試合も勝って3連勝としました。

ただ、内容は正直褒められないというか・・・。拙攻が目立ちましたし、反省点の多い試合だったのでは、と思います。
7回8回は相手を突き放す展開を期待したんですけどね・・・。

宇留野投手は楽しみな球を投げ込んでいました。坂本投手もエースとして役割を果たすピッチング。ただ、立ち上がりは先に点を与えたのは反省でしょうが・・・。

上位チームと当たった時にどうなるか。チャンスに食らいつく野球で取りこぼさずに行けるか、注目です。

コメントを残す