蒲郡中-城山中 観戦記(中学総体軟式野球)

7月30日に津島球場で行われた第3試合、蒲郡中(蒲郡市)-城山中(名古屋市千種区)の観戦記です。
城山中にいい投手がいる、と教えていただいたので楽しみに観戦しました。

蒲郡中
0000000|0 H2 E2
010100X|2 H3 E0
城山中

蒲郡中
板井-山本
城山中
岩瀬-菱木

投手成績
蒲郡中
板井(2) 6回 107球 被安打3 四死球7 三振5 失点2(自責点0)
城山中
岩瀬(1) 7回 110球 被安打2 四死球5 三振12 失点0

板井投手は右のスリークォーター。スライダーの切れがいい。

岩瀬投手も右のスリークォーター。下半身がでかく、きれいなフォーム。

蒲郡中
8杉山 9山田 1板井 6嵐田 5冨田 7安井 3松本 4榊原 2山本
城山中
6塩崎 5高野 2菱木 3佐藤 8田村 1岩瀬 7平川 9宮内 4増田

(試合経過)
2回裏、1死2,3塁から7番平川の3球目にランナースタート切ってのエンドランでしたが空振り。しかしキャッチャーが逸らす間にランナー生還。記録本盗で城山中が先制。
4回裏、2死2塁からランナーの岩瀬が3盗を仕掛け、キャッチャーの悪送球を誘い生還。2-0
5回表、先頭の5番冨田がチーム初ヒット。6番安井が死球。送って1死2,3塁。8番三振のあと、9番山本が四球。2死満塁でしたが1番杉山が3ゴロで3塁封殺。得点を奪えません。
7回表も1死1,2塁のチャンスを作るも9番山本、1番杉山が連続三振で試合終了。
城山中が勝ちました。

蒲郡中も板井投手がなかなかいいスライダーを投げて好投。接戦に持ち込んだのですが、守備の乱れが絡んでの失点を岩瀬投手から返せませんでした。

5回と7回に先頭を出してチャンスは作ったのですが・・・。4回以降はファールで粘って球数を投げさせたんですけどね。あと一本が出せなかった。

城山中はかなり足を使ってきて、隙を突く、というか隙を作ろうとする走塁が目立ちました。それでアウトになるケースも何度かありましたが、積極的な走塁で2点を奪ったのも事実。こういう練習を積んできたということでしょうね。

岩瀬投手は元中日ドラゴンズの岩瀬投手の息子さん。今回で初めて認識したのですが、まず、右投げなんだ、とか、体形は似てないな、とかそんな印象でしたが、スライダーのえぐさは親譲りかも、と感じました。
奪三振12は見事。まだまだ背は伸びそうな感じですし、高校で騒がれるレベルになるかもですね。どこでやるか分かりませんが楽しみです。積極的に走る辺りは親のDNAでしょうか。二刀流でやれそうです。

キャッチャーの菱木選手のレベルも高かった。

コメントを残す