GTRニッセイ-近藤産興 観戦記(2020年軟式新春選抜リーグ戦)

コウスポ

1月13日にパロマ瑞穂球場で行われた第3試合、GTRニッセイ-近藤産興の観戦記です。
GTRニッセイはちゃんと見るのが今季初めてなのでどんな試合をするか注目して観戦しました。

GTRニッセイ
01110321|9 H10 E2
00000200|2 H4 E1
近藤産興
(8回コールド)

GTRニッセイ
宮津、加藤-楠
近藤産興
鈴木、武次、高橋-竹馬、松前

投手成績
GTRニッセイ
宮津(20) 6回 78球 被安打4 四死球3 三振4 失点2(自責点0)
加藤(11) 2回 28球 被安打0 四球0 三振3 失点0
近藤産興
鈴木(20) 5回0/3 86球 被安打5 四死球6 三振1 失点4 
武次(17) 2回 28球 被安打4 四球1 三振0 失点4
高橋(19) 1回 25球 被安打1 四球1 三振1 失点1

宮津聖矢投手は愛知啓成-名城大出身の23歳。球威のある球で近藤産興打線を抑え込んでいました。高校時代から見ている投手なので、見れるとうれしいですね。

加藤吉貴投手は瀬戸窯業-愛知学泉大出身の25歳。右のサイドハンド。力投型で球威があるんですよね。昨年見た時も2桁奪三振でしたが、この日も2回で三振3つと素晴らしいピッチング。瀬戸窯業出身でここまでやっているのもすごいですよね。

鈴木大樹投手は右のオーバーハンド。大同大大同-中部大出身の25歳。大学2年の時に見ていました。コントロールに苦しみました。

武次慶士投手は半田工-愛知東邦大出身の23歳。

高橋健太投手は中京大中京-中京大出身の25歳。

出場選手
GTRニッセイ
4倉地→4柘植 8廣田 6松岡 7清水 5大平 9堀井 3田中 2楠 D前田→H林
近藤産興
4麻生 8森口→5 6加藤 3松前→2 7渡部 D吉田 2竹馬→8上戸 5山根→3 9福井

(試合経過)
2回表、2死2塁から9番前田卓哉(東邦-中央学院大-東海REX)がタイムリー。GTRニッセイが先制。
3回表、1死満塁から8番楠貴成(宇治山田商-中京大)の投ゴロで1点。2-0
4回表、1死1,3塁から4番清水翔大(東邦-中部大-永和商事ウイング)の投ゴロで1点。3-0
6回表、無死2塁でピッチャー交代、武次慶士。1死3塁から2番廣田修治(愛産大三河-九州共立大)がタイムリー。2死1,3塁から5番大平夏輝(東邦-立正大)が2点タイムリー3ベース。6-0
6回裏、無死満塁から4番松前友哉(愛産大工-四日市大)が2点タイムリー。更に無死満塁でしたが、6番吉田圭佑(名古屋国際)のホームゲッツーなどで2点止まりに。6-2
7回表、1死2塁から9番林冬樹(星城-星城大)がタイムリー3ベース。1番柘植翔平(愛産大三河)の内野ゴロで1点。8-2
8回表、2死1塁から6番堀井大輝(名城大)がタイムリー2ベース。9-2
8回コールドでGTRニッセイが勝ちました。

GTRニッセイはヒット10本で9点。後半は長打も出ましたが、前半はらしい、というか、きっちりとランナーを得点圏に進めて、叩きで1点を取る。そういう野球をしっかりと出来ていました。
前年度優勝チームですが、いきなり初戦で敗戦。2戦目も劣勢とらしくない戦いでしたが、そこをひっくり返してからは、ようやく本来の形になってきた感じでしょうか。

5番の大平夏輝選手の好調さが目立ちます。この日も2安打2打点と活躍。

この日マスクを被った楠貴成捕手は好リードで宮津聖矢投手らを引っ張りましたが、出塁して2盗塁と脚も魅せました。見事な叩きでの1点もありましたし、今後の活躍も楽しみです。

代打で出てきて3ベースを放った“ピッチャー”の林冬樹選手。やっぱりすごいわ。

近藤産興はコールドがちらついた6回裏に、相手のミスでもらった無死満塁のチャンスで4番主将の松前友哉選手が2点タイムリー。意地を見せてくれました。この後、尚も無死満塁で1本出ていたら・・・。もったいなかったですが、踏ん張った宮津聖矢投手-楠貴成捕手のバッテリーが見事でした。

上戸悠真選手(東邦-日大)が前の試合に出ていなかったのでどうしたのかな、と思っていましたが、この日は途中出場。見れて良かった。

鈴木大樹投手はコントロールに苦しみました。それでも引っ張ったのは、頑張ってもらわないと他のピッチャーが苦しくなるということでしょうね。事実投げた2人は前の試合でも登板。次に活かしてほしいですね。

コメントを残す

関連記事を表示