清林館-滝 観戦記(2019年秋季尾張地区1次予選)

8月12日に津島球場で行われた第1試合、清林館-滝の観戦記です。
滝は1年生主体で夏に初戦を突破。そのメンバーが清林館相手にどういう試合をするか、注目して観戦しました。

清林館
47511|18 H15 E2
00020|2 H9 E4

(5回コールド)

投手成績
清林館
石丸(1) 3回 54球 被安打4 四球1 三振4 失点0
渡部(10) 1回 23球 被安打4 四球0 三振0 失点2(自責点1)
鷲見(17) 1回 18球 被安打1 四球0 三振2 失点0


岡地(1) 3回 91球 被安打12 四死球6 三振1 失点16(自責点12)
兼氏(8) 2回 36球 被安打3 四死球2 三振1 失点2(自責点1)

石丸投手は右のオーバーハンド。左手を大きく上げて投げるフォーム。まっすぐはなかなか。

渡部投手は左のオーバーハンド。体格もがっしりしていてまっすぐも力強い。フォロースルーの大きなフォーム。タイミングが合わされやすいのかヒット打たれて失点しましたが、魅力が一番ありました。

鷲見投手は右のオーバーハンド。伸びのあるまっすぐを投げていました。

岡地投手は左のオーバーハンド。少し1塁側にインステップ。まっすぐはそんなに速くない。ボール先行が多かった。

兼氏投手が右のオーバーハンド。まっすぐはそんなに速くない。ストライクが取れてた分安定感はありました。

(スタメン)
清林館
6竹本 4山川 7森下 9藤島 5伊藤 3吉田 1石丸 2川部 8小林

2渡邉 6奈須 8兼氏 3長瀬 9原 1岡地 4外山 7土屋 5榊原

(試合経過)
1回表、1死2、3塁から4番藤島が2点タイムリー3ベース。更に1死2、3塁から6番吉田の2ゴロをタイムリーエラー。更にワイルドピッチで1点。清林館が4点先制。
2回表、1死満塁から3番森下がタイムリー。4番藤島が押し出し四球。更に5番伊藤のライトフライを取れずタイムリーエラーと6番吉田の2ゴロを2点タイムリーエラー。2死2塁から7番石丸のタイムリー2ベース。2死3塁から8番川部のピッチャー強襲タイムリー。11-0
3回表、1死満塁から6番吉田のタイムリー。7番石丸の2ゴロゲッツー崩れで1点。8番川部のセンターオーバーの2点タイムリー3ベース。9番小林のレフトフェンス直撃のタイムリー2ベース。16-0
4回表、2死1、3塁からワイルドピッチ。17-0
4回裏、1死2塁から9番榊原のタイムリー。2死1塁から2番奈須のタイムリー2ベース。17-2
5回表、無死2塁からタイムリーエラーで1点。18-2
清林館が圧勝しました。

清林館は打線が活発。夏のチームから4番を打ってた藤島選手は2本の3塁打で2打数2安打2四球と完璧な内容。さすがの活躍でした。
川部選手は4打数4安打。下位もこれだけ打つと点がつながりますね。

どんどん仕掛けて点を取っていく姿勢は良かったです。

投手は失点したものの渡部投手の投球が光りました。ここのところ左の好投手がエースになっていますが、そういう存在になれるか。競争が見ものですね。

滝は大量失点で早々に試合が決まってしまいました。それでもヒットは5回まで9本と結構出ていて、それなりに力があることは伝わってきました。

上位打線は鋭い打球もあったので、いかにここで点を取るかでしょうね。
ベンチからの要求が高いのに選手がついていけるか。人数が少ない中でこの酷暑は大変でしょうけど、頑張ってほしいなと思います。

コメントを残す