ホンダ鈴鹿-東邦ガス 壮行試合 感想(観戦記)

7月8日に空見グランドで行われたホンダ鈴鹿-東邦ガスの壮行試合の感想です。

ホンダ鈴鹿
000200000|2 H6 E0
01050000X|6 H10 E0
東邦ガス

ホンダ鈴鹿
服部(3)、花城(1/3)、井村(2/3)、平尾(1)、西納(1)、柳澤(1)、竹内(1)-柘植
東邦ガス
小椋(6)、栁川(1 1/3)、七島(1/3)、吐前(1 1/3)-柴田
※()はイニング数

ホンダ鈴鹿はDHに入った西川選手が唯一のマルチヒット(2打数2安打)。
大谷選手(東海理化)は相変わらず抜群の守備で貢献。8番はもったいない気も。
西納投手(三菱重工名古屋)が抜群の出来。大きな戦力になりそう。服部投手(三菱重工名古屋)も力強い球を投げていました。

東邦ガスは小椋投手が先発し6回を投げ切りました。本番に向けて順調のようです。
打つ方では補強の加藤選手(東海REX)が絶好調。予選では全然でしたが・・・。よほど東邦ガスの水が合うんでしょうか?
北野選手(西濃運輸)、吉田選手(三菱重工名古屋)も1本ずつヒットを放って存在感。貴重な戦力になりそうです。

東邦ガスは7月18日にきらやか銀行-パナソニックの勝者と。
ホンダ鈴鹿は7月15日に鷺宮製作所と初戦を迎えます。

まずは初戦を取って勝ち上がってほしいです。

コメントを残す