東邦ガス-永和商事ウイング OP戦 感想(7月3日)

コウスポ

7月3日に空見球場で行われた東邦ガス-永和商事ウイングの感想です。

カメラを忘れて写真無しでの投稿です。

東邦ガス
020020000|4 H8 E1
000004001|5 H5 E0
永和商事ウイング

東邦ガス
水田(5)、七島(1/3)、宮良(1 2/3)、坂本(1 1/3)-柴田
永和商事ウイング
小川(4 2/3)、安達(1 1/3)、高橋(3)-大川
※()はイニング数

(試合経過)
2回表、1死2,3塁から7番山中が2点タイムリー。東邦ガスが2点先制。
5回表、1死1,3塁から2番木村の犠牲フライ。2死1,2塁でピッチャー交代安達。4番若林がタイムリー。4-0
6回裏、1死1,3塁からワイルドピッチで1点。1死3塁から1番中尾のタイムリー。1死2塁から2番大川のタイムリー2ベース。ここでピッチャー交代宮良。3番築地のタイムリー。永和商事が追いつく。
9回裏、1死2塁から6番野口のタイムリー2ベースでサヨナラ。永和商事ウイングが勝ちました。

ピックアップ選手

東邦ガス 山中渉伍選手(中京大中京-中京大、7年目)

この日は4打数3安打2打点の活躍。2ベースも1本。もう7年目ですが、昨年くらいからスタメンが増えた印象。甲子園優勝時のキャプテンですが、もうベテランの域。頑張ってほしいですね。

東邦ガス 水田裕投手(愛知啓成-明治大、13年目)

この日は素晴らしいピッチングで5回をパーフェクト。一人のランナーも出さずに5三振。MAXも141kmと球威もありました。小椋投手とともに長年支えるベテランですが、状態良さそうです。

永和商事ウイング 高橋康平投手(星稜-天理大、9年目)

7回から登板し、3回を1安打とほぼ完ぺきな内容。コーチ兼任となっていますがやはり永和商事ウイングではエース。頼れる存在ですね。

永和商事ウイング 大川拓巳捕手(浦安高校、5年目)

2番捕手で出場。6回には見事なセンターオーバーのタイムリー2ベースを放ちました。
元々強肩は光っていた選手。打つ方でも上位に入ってチームを引っ張ります。

コメントを残す

関連記事を表示